「ラジオミール オフィチーネ」ルーツを忠実にリスタイルした数量限定モデル|PANERAI

「ラジオミール オフィチーネ」ルーツを忠実にリスタイルした数量限定モデル|PANERAI


パネライスーパーコピーの原点・ラジオミール プロトタイプの古典的な要素を継承


1世紀以上に渡ってイタリア海軍のために精密機器を製造してきたパネライより、初期のラジオミールのルーツや美しさを再構築した限定モデル「ラジオミール オフィチーネ」が、数量限定300本でリリースされる。


1935年のラジオミールのプロトタイプの伝統的な要素を再解釈したウオッチ
パネライの新作「ラジオミール オフィチーネ」は、1935年当時に誕生したラジオミールのプロトタイプの象徴的なデザイン要素に敬意を表するとともに、現代の技術的専門知識を組み込んだ、時計愛好家を魅了する普遍的な逸品である。伝統的かつ象徴的な円錐形のリュウズとワイヤーラグを備えた、ポリッシュ仕上げの45ミリ径スティール製ケースには、サンドイッチダイヤルが発明される前の仕様であるマットブラウンのホローダイヤル(数字の形に一度掘り込みを行い、そこに夜光塗料を流し込む技法)がセットされている。アラビア数字とバーインデックスは、ベージュのスーパールミノバ®が塗布され、暗闇ではグリーンの光を放つ。
 「ラジオミール オフィチーネ」ルーツを忠実にリスタイルした数量限定モデル|PANERAI
無駄を削ぎ落したシンプルなマットブラウンのダイヤルには、1930年代のモデルと同様にふたつのブロックに分かれた時針が配され、「RADIOMIR PANERAI」の刻印が施されている。ストラップは、ブラウンのスエードが採用され、ダイヤルカラーと呼応するモノトーンを強調している。