2023年、スマートウォッチの業界地図。オメガスーパーコピー各ブランドの現状整理と来年の展望予想

2023年、スマートウォッチの業界地図。オメガスーパーコピー各ブランドの現状整理と来年の展望予想




 そんなアイディアが生まれたのは1970年代、デジタル腕時計が誕生した頃に生まれたと考えられるが、より具体的なビジョンになったのは80年代、オメガスーパーコピーカシオ計算機のカシオ「データバンク」、セイコーグループが熱心に取り組んだパソコンとつながる“腕コン”といった製品たちだろう。


 その後、マイクロソフトとTIMEXが初めて腕時計とパソコンの“無線通信”(ディスプレイの光を使って通信を行った)を94年に実現、製品化すると、世紀末には携帯電話やコンピューターを手首に装着することに熱心に取り組むメーカーが増加してきた。


 とはいえ、その後に登場してくるスマートウォッチの始祖たちは、どれもが“使えそうで使い物にならない”何かしらの要素が大きく欠けるものだった。筆者の手元にも、マイクロソフト、サムスン、ソニーなどが取り組んだデバイスがあるが、この市場がやっと認知されるようになったのが、2015年発売のApple Watchであることに、異論のある者はいないだろう。