スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 操作系から見る時計ロレックススーパーコピーのコンセプトと進化 ボタン編
操作系から見る時計ロレックススーパーコピーのコンセプトと進化 ボタン編
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2022-09-02
操作系から見る時計ロレックススーパーコピーのコンセプトと進化 ボタン編


 
時計を操作するための部品や機構(ここでは総じて操作系と呼称する)に注目し、押しボタン型の操作系を中心に取り上げる。押しボタン型の操作系に割り当てられる機能はバリエーションが多く、どのような視点で形式が選択されているか追っていく。


 ロレックススーパーコピー腕時計を運用する際には何かしらの操作が必要だ。前回では主ゼンマイの巻き上げや時刻表示と関連性が深いリュウズに着目した。その結果、リュウズひとつに複数の機能を集約させ、用途に応じて形状や配置に改良が加えられてきたのが分かった。


 押しボタンに割り当てられることが多い機能の例は、クロノグラフ操作やムーンフェイズ調整、パーペチュアルカレンダー調整等がある。クロノグラフはラップタイム測定のように短時間に何度も使用する可能性の高い機能だ。これに対し、ムーンフェイズやパーペチュアルカレンダーは、一度正しい表示に調整すれば長期間操作は不要となる。よって、想定される操作頻度には大きな差があり、この差が操作系とどのように関係するか注目してゆきたい。