スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 連載エッセイ|オメガスーパーコピーijichimanのぼやき「豚カツ」
連載エッセイ|オメガスーパーコピーijichimanのぼやき「豚カツ」
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2022-05-10
連載エッセイ|オメガスーパーコピーijichimanのぼやき「豚カツ」


「御三家」と言ったら何を思い浮かべるか。僕は御三家という言葉に最初に触れたのが中学受験をした時なので「開成・麻布・武蔵」、または「桜陰・女子学院・雙葉」。小学校お受験の世界にどっぷりの都心のママパパたちだと「松濤・若葉会・枝光会」の幼稚園御三家を思う人もいるかもしれない(松濤幼稚園は閉園)。あるいは「吉田栄作・加勢大周・織田裕二」のオメガスーパーコピー平成御三家を思う人、もっと遡って「野口五郎・郷ひろみ・西城秀樹」の新御三家を思う人は僕らよりちょっと上の世代か。御三家とは江戸時代の徳川御三家「尾張徳川・紀州徳川・水戸徳川」から来ている言葉で、高いレベルで実力や人気が拮抗している3者のことを指している。平凡で優劣つけ難い似たり寄ったりの3者のことは御三家とは呼ばない。


で、御三家と言われて豚カツを第一想起した人は相当な食道楽である。上野豚カツ御三家「蓬莱屋・ぽん多本家・双葉」、目黒豚カツ御三家「とんき・大宝・かつ壱」。なぜか御三家は豚カツでしか聞かない。寿司や天ぷら、蕎麦でも御三家があって不思議じゃないけど、おそらく豚カツはそれだけ店の数が多く、新陳代謝も激しく、価格帯的にも親しみやすくて、好きな人が多い群雄割拠な世界なんだろうと推察する。