スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 思わず息を呑む、ロレックススーパーコピー2019年発表の傑作トゥールビヨンを振り返る
思わず息を呑む、ロレックススーパーコピー2019年発表の傑作トゥールビヨンを振り返る
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2022-05-09
思わず息を呑む、ロレックススーパーコピー2019年発表の傑作トゥールビヨンを振り返る




 かつては熟練の職人によって行われていた作業が、ロレックススーパーコピー機械に取って代わられている時計業界において、グルーベル フォルセイはクラフトマンシップにのっとった時計作りにこだわり続けてきた。こうした技術を守るべく、創業者のロベール・グルーベルとステファン・フォルセイは時計師フィリップ・デュフォーらと協力し、伝統的な手仕事を復活させることを目的とした「une Montre」プロジェクトを発足。


グルーベル フォルセイは、その哲学を時間表示に特化したトゥールビヨン搭載モデル「ハンドメイド1」に込め、ヒゲゼンマイを含む時計全体の95%をハンドメイドで完成させた。ケース素材にホワイトゴールドを採用した直径43.5mmのこの時計は、1本を製作するのに6000時間(1人の作業で約3年)を要しており、ブランドの特徴である大胆にカットされたダイアルをはじめ、フロスト仕上げのブリッジやスモールセコンド、トゥールビヨンが組み合わせられている。グルーベル・フォルセイによると、「ハンドメイド1」の年産はわずか2〜3本とのことだ。


 フランス語の「Tourbillon」は、おおよそ「トゥールビヨンの物語」と訳すことができるだろう。2019年、ジュエラーでありウォッチメーカーであるハリー・ウィンストンは好評のシリーズにおいて、第10弾となる新章を書き上げた。「イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 10」は4つのトゥールビヨン・レギュレーターを搭載した初のコレクションで、ホワイトゴールド10本、ローズゴールド10本、そしてブランド独自のウィンストニウム合金製1本が展開される。