スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 【インタビュー】パネライスーパーコピー CEO「ジャンマルク・ポントルエ」
【インタビュー】パネライスーパーコピー CEO「ジャンマルク・ポントルエ」
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2021-07-21
【インタビュー】パネライスーパーコピー CEO「ジャンマルク・ポントルエ」


これまで海とミリタリー、そして自社製ムーブメントを打ち出してきたパネライ。2021年の新作では、海の環境保護というテーマを打ち出した。パネライスーパーコピー「日本は環境問題に敏感だね」という話題から話を始めたのが、パネライCEOのジャンマルク・ポントルエだ。


環境対策としてサプライヤーを公開したのは初だ


1964年、フランス生まれ。オーデンシア・ナント経営学院を卒業後、レザーグッズのメーカーでセールスディレクターを務めた後、LVMHグループに参画。ジバンシーを経て、2000年にリシュモン グループに入社。モンブランで副社長を務めた後、11年にロジェ・デュブイに転籍。12年2月から同社のCEOとなった。18年4月1日から現職。ラインナップの整理を終えた彼は、環境対策に取り組む。
「私たちのエコロジーに対する取り組みが『エコロジコ』であり、今年発表したコンセプトウォッチの『サブマーシブル eLAB-ID』だ。これは素材の約98%がリサイクルによるもので、取り組んだサプライヤーの名前も明かしたもの。スイスの時計業界では、サプライヤー情報は秘密だ。しかし私たちは情報を開示したし、技術を利用されることを望みたい。日本のメーカーが私たちにアクセスしてくれるなら、素材のレシピやプロトコルを示すよ。ちなみに、レギュラーモデルの『ルミノール マリーナeスティール』もある。これは素材の約60%をリサイクルしたもの。また、環境問題を教育すべく、ユネスコにも協力している」