スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 着物のアウターとは? まずは「羽織」フランク・ミュラースーパーコピーのお話から。
着物のアウターとは? まずは「羽織」フランク・ミュラースーパーコピーのお話から。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-10-09
着物のアウターとは? まずは「羽織」フランク・ミュラースーパーコピーのお話から。


肌寒くなり、そろそろカーディガンや薄手のコートが必要になってきたので、着物の世界のアウターについてのお話をユリア先生に聞いてみることに。何種類かあるなかで、今回は「羽織」について。室内で着ていても大丈夫、夏でも着用可能など、まさにカーディガン的な役割なのだそう。
──ようやく朝晩涼しくなってきました。フランク・ミュラースーパーコピーTシャツ1枚だと肌寒いので、何か羽織ろうかしら、という気候です。以前、燕の柄の羽織を見せていただきましたが、和装にもアウターというものがあるんですよね。


礼装用で襟が四角形になっている「道行(みちゆき)」、着物と同じ襟合わせの「道中着」、雨よけのための「雨コート」などいろいろあります。今日はまず、「羽織」について学んでいきましょう。羽織はもともとは男性が着ていたものなんです。それが江戸時代後期頃より、女性も着るように。当時、江戸深川で男名を名乗って「いき」が売りだった辰巳芸者が取り入れたことがきっかけだったんですって。ちなみに、彼女たちは羽織を着ていたことから「羽織芸者」とも呼ばれていました。


丈の長さに流行があり、戦前は長め、戦後は帯が隠れるくらい、現在はまたひざ下くらいの長いものが流行っているみたいです。


紋付の羽織を着用すると略礼装になるので、着物が当たり前の時代には、多くの母親たちは黒の紋付の羽織を持っていて、急に礼装する用事があった時や、子どもたちの入学式などによく羽織っていたようです。アンティークでもよく見かけますよ。着なくなったり裾が汚れた着物を羽織に仕立て直すこともあります。