スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > ブルガリスーパーコピー感性をカタチにしたウオッチ<セイコー 5スポーツ>に、ショップ専用モデルが登場|SEIKO
ブルガリスーパーコピー感性をカタチにしたウオッチ<セイコー 5スポーツ>に、ショップ専用モデルが登場|SEIKO
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-07-31
ブルガリスーパーコピー感性をカタチにしたウオッチ<セイコー 5スポーツ>に、ショップ専用モデルが登場|SEIKO


日本製メカニカルムーブメントを搭載したカジュアルウオッチブランド<セイコー 5スポーツ>。セイコーが、グローバルに向けて2019年にリローンチしたこのブルガリスーパーコピーブランドに、新しくショップ専用モデルが登場した。軽快なストリートテイストに、フルブラックの精悍な印象を加えた人気沸騰を予感させる仕上がりだ。


国産スポーツウオッチの草分け。その歴史とは
<セイコー 5スポーツ>のルーツは、1963年に発売した「セイコー スポーツマチック5」(通称“セイコーファイブ”)にまで遡る。当時、国産初の自動巻きデイデイトモデルとして発表されたセイコーファイブは、その名の通り、5つの先進的な機能を備えていた。それまで主流だった、レザーストラップを用いたドレスウオッチとは一線を画した、アクティブシーンにマッチするスペックは目新しく、世界的な人気を獲得したのである。その“先進的な機能”とは、自動巻き、防水性能、3時位置のデイデイト表示、4時位置のリュウズ、耐久性に優れたケース&バンドだ。
5年後の1968年、加速するスポーツブームに応える<セイコー 5スポーツ>が誕生した。このモデルでは、先代の“セイコーファイブ”以上の防水性能、夜光塗料による暗所での視認性の確保、強化ガラスの採用など、スペック面で進化を果たした。加えて前衛的なビビットカラーをアクセントとしたスポーティなデザインは、多くの若者に受け入れられ一世を風靡した。
<セイコー 5スポーツ>は、その後、国産初の自動巻きクロノグラフを発売するなど、機能とデザインの両面で独自進化を遂げ、以降、半世紀にわたって、世界中の人々に親しまれてきたのである。
現代におけるスポーツウオッチを再定義
さて、<セイコー 5スポーツ>は、シリーズが誕生して、およそ半世紀が経った現代において、腕時計という文化を次の世代に継承する役目を果たすべく、生まれ変わった。