スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > 人工知能が脚本を執筆 フランク・ミュラースーパーコピー最新テクノロジーが切り拓く映画の未来。
人工知能が脚本を執筆 フランク・ミュラースーパーコピー最新テクノロジーが切り拓く映画の未来。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-06-27
人工知能が脚本を執筆 フランク・ミュラースーパーコピー最新テクノロジーが切り拓く映画の未来。


サイレント映画からトーキー映画へ、3Dから4Dへ。フランク・ミュラースーパーコピー映画はいつも、テクノロジーとともに進化してきた。そして今、人工知能が脚本を書き、オーディエンスがエンディングを導く時代がすでに始まっている。映画制作の最前線をレポートする。
 人工知能が脚本を執筆? 最新テクノロジーが切り拓く映画の未来。


映画はこれまで常にテクノロジーによって進化してきた。1920年代にはサイレント映画に音声が加わり、1930年代にはテクニカラーの登場によって色彩を得て、1950年代には3Dが登場した。当時は高価なギミックと相手にされなかったこうしたテクノロジーは、何年もかけて精度を高め、最終的に一般的に使われるようになった。21世紀に入って従来型の映画館に4Dシステムが浸透し、ストリーミングプラットフォームが台頭するなど、すでにかなりの数のゲームチェンジングな技術が普及している。競争がますます激しくなる映像市場では、次のイノベーションを発見する競争がはじまっている。


ベルギーに本社を置くAI(人工知能)企業のスクリプトブック(ScriptBook)でCEOを務めるナディラ・アゼルマイは、ハリウッドで長い間、静かに熟成されてきた変革の最前線にいる。


「世界映画市場は数百億ドル(数兆円)規模の産業ですが、現在映画館で上映されている映画の87パーセントが損失を出しています。映画制作にゴーサインを出すプロセスは、未だに直感に依存しており、技術も客観的基準もありません。そこに我々の技術が登場するというわけです」