メルセデスAMG SL 63 4MATIC+ が日本上陸|Mercedes AMG

メルセデスAMG SL 63 4MATIC+ が日本上陸|Mercedes AMG


メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス AMG SL」にハイパフォーマンスモデルとなる「SL 63 4MATIC+」を追加。同時に「SL 43」の装備を一部見直し、販売を開始した。


AMG完全自社開発のハイパワーエンジンに、SL史上初めて四輪駆動を採用
「Super」と「Light」(軽量)を略したSLは公道を走行できるレーシングスポーツカーとして1952年に誕生。
なかでも「300 SL」(W194)をベースにし、1954年に発表された「300 SL」(W198)は、ルマン24時間レースでのワンツーフィニッシュをはじめ、世界各地で輝かしい戦績を重ねてきた。


「300 SL」の誕生から70年を迎え、新型SLはメルセデスAMGによる完全自社開発モデルとして誕生。
「300 SL」のデザインをオマージュしながらもラグジュアリーな空間が演出されているのが特徴だ。