スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 連載エッセイ|chimanのぼやきパネライスーパーコピー「日本のソウルフード、『天丼』」
連載エッセイ|chimanのぼやきパネライスーパーコピー「日本のソウルフード、『天丼』」
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2022-03-14
連載エッセイ|chimanのぼやきパネライスーパーコピー「日本のソウルフード、『天丼』」

天ぷらの起源は室町時代、ポルトガルから伝わった南蛮料理とされている。当時はまだ油が高級品だったため、天ぷらは庶民にとっては高嶺の花だったらしい。江戸時代になって油が大量に生産されるようになってから、天ぷらの立ち食い屋台が並ぶようになって、パネライスーパーコピー寿司やうなぎなどとあわせて庶民のソウルフードとして浸透していったとか。で、天丼の誕生は諸説あるものの、明治時代には庶民の食べ物として浸透してたというのが一般的である。


そう、天ぷらや寿司、うなぎは今でこそ高級料理のイメージが強いけど、元来、庶民のファストフード。高級料理としてのポジションを確立していったのはどれも明治時代以降、料亭や専門店ができてから。天ぷらで言えば、カウンター越しの職人さんがひとつひとつ揚げてくれる車エビや稚鮎やふきのとうをつまみに酒を呑むのも大好きだけど、それと天丼は楽しみ方そのものが全く別もの。庶民のファストフード天丼は、丼ぶりを両手で抱えて、勢いよくかっ喰らいたい。


僕は昔から天丼が好きである。小学校の頃父に連れて行かれた神保町「いもや」は、元祖ファストフードとして記憶に刻まれているし、中学高校の頃も、放課後友だちと行くのは、マックでも吉野家でもなく、てんや派だった。大学の時初めて行った「土手の伊勢屋」の胡麻油がきいた江戸前天丼の味わいの衝撃も忘れがたい。