スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 円熟の域にある究極のハンドリングマシン──ルノー メガーヌR.S. に試乗ボッテガヴェネタスーパーコピー|Renault
円熟の域にある究極のハンドリングマシン──ルノー メガーヌR.S. に試乗ボッテガヴェネタスーパーコピー|Renault
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2021-08-26
円熟の域にある究極のハンドリングマシン──ルノー メガーヌR.S. に試乗ボッテガヴェネタスーパーコピー|Renault


独・ニュルブルクリンク北コースにおいてシビック タイプRとラップタイム争いを繰り広げてきたFFのハイパフォーマンスモデル、ルノー「メガーヌR.S.」。ボッテガヴェネタスーパーコピーエンジンのパワーアップなどの改良を受けた最新モデルに試乗した。


2019年のニュル北コースのレコードカーに一歩近づいた仕様
2019年、ルノー「メガーヌR.S.」はドイツのニュルブルクリンク北コースで、7分40秒100というFFスポーツの最速ラップをセンセーショナルに打ち立てた。あの時、ルノー・スポールのテストドライバー、ロラン・ウルゴンが駆ったメガーヌR.S.には徹底的な軽量化が施されていた。6段ツインクラッチ (6段EDC)ではなく約20kg軽い6段MTのシャシー・カップ仕様、さらに130㎏を削るために4輪操舵システムをも取り払った「トロフィーR」で臨んでいた。リアシートやメガーヌR.S.のメカニズムの肝要たる4コントロール(4輪操舵システム)まで取り去るのは大人気ない、という批判も、無論あった。


だがニュル北コースでのタイムアタックは、半ばルノー「メガーヌR.S.」対ホンダ「シビック タイプR」の頂上対決であり、ときにフォルクスワーゲン「ゴルフGTIクラブスポーツS」やセアト「レオン クプラ」、フォード「フォーカスRS」らがチャレンジャーとして割って入る構図が出来上がっていた。