スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > アイウェアブランド<タカヒロミヤシタザレフトアイ.>エルメススーパーコピー発進!
アイウェアブランド<タカヒロミヤシタザレフトアイ.>エルメススーパーコピー発進!
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2021-03-26
アイウェアブランド<タカヒロミヤシタザレフトアイ.>エルメススーパーコピー発進! 


<TAKAH>のデザイナー、エルメススーパーコピー宮下貴裕さんが長年デザインし続けてきた眼鏡のブランドがついに登場。ファッションとして、眼鏡と真正面から向き合うデザインから目が離せない!




「眼」という言葉の大切さ。
1980年代のCMなので、ご存知の方も少ないかもしれないが、“眼鏡は顔の一部です”というコピーがあった。とてもわかりやすいもので、眼鏡の話をするときにはつい使ってしまう。
言葉はやがて古くなるものだと思っている。当時は顔の一部の感覚だったことは想像に難くない。まるで名刺がわりのように、もしくは当たり障りのないネクタイをするように、眼鏡はその人に浸透することが大切だったと思う。言葉は悪いかもしれないが、当たり障りがないことが顔の一部になる秘訣でもあったのだと思う。
ある意味ではもう随分前から眼鏡はファッションとして、アクセサリーのようにかけるものになっている。それが現代の姿であり、コピー的にいうならば、「眼鏡はファッションの一部です」となる。


もう何十年もいろんな展示会をたくさん見ている。見ている中でも宮下貴裕さんのコレクションでは群を抜いて眼鏡の発表数、量ともに多い。他のブランドでも、シーズンによってサングラスを扱ったり、眼鏡を扱うこともあるのだが、その数は少ない。宮下さんはさまざまなシーンで「眼」という言葉を口にだす。だからだろう。「眼鏡」にも思い入れが強いのだと思う。