スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 袷の季節が到来。プラダスーパーコピーその基本と着こなしのポイントを伝授。
袷の季節が到来。プラダスーパーコピーその基本と着こなしのポイントを伝授。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-11-02
袷の季節が到来。プラダスーパーコピーその基本と着こなしのポイントを伝授。


10月〜5月頃に着る着物のことを「袷(あわせ)」という。単衣や薄物に比べ1年のうちに着る期間が最も長く、コーディネートの幅も広がる。ユリア先生のスタイリングのポイントから、その魅力を紐解いてみよう。
──もうすっかり秋めいて「袷(あわせ)」を着る時期になりましたね。袷=裏地が付いている、というのが一番の特徴だと以前教えていただいたと思うのですが、合ってますか?


はい、10月から5月頃にかけてに着る袷は一見、単衣と変わらないように見えるかもしれませんが、裏地を付けて仕立てているのが特徴です。裾裏のプラダスーパーコピー「八掛」や袖の裏地と表布の色合わせを楽しめます。八掛は歩く時に、後ろからチラッと結構見えるんですよ。表布と馴染む色というのももちろん多いですが、あえて対照的な色やグラデーションになっていたり。振袖だと模様が描かれていたりもします。


歩く時にちらりとのぞく八掛。さり気ないおしゃれを楽しめる。
もみじなどの刺繍が華やかな袷の訪問着。八掛は表布になじむ色合い。
今日のユリアさんのお着物も、八掛は表地と同じですね。確かに歩いている姿を見ると、裏側がチラチラと見えます。


八掛は表布と同じ柄ですね。艶があってなめらかで柔らかい「綸子(りんず)」という生地で、晴れ着に用いられることが多いですね。今日の着物には模様が織り出されています。