スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 季節の変わり目に纏う「単衣」の魅力。グッチスーパーコピー【マドモアゼル・ユリアと始めるモードな着物入門 】
季節の変わり目に纏う「単衣」の魅力。グッチスーパーコピー【マドモアゼル・ユリアと始めるモードな着物入門 】
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-09-22
季節の変わり目に纏う「単衣」の魅力。グッチスーパーコピー【マドモアゼル・ユリアと始めるモードな着物入門 】


6月と9月、つまり季節の変わり目に着る着物が、「単衣(ひとえ)」。モード界で言うなれば、メインコレクションの狭間にあるプレコレクション的な存在!?   次にやってくる「袷(あわせ)」の前に軽やかに着られ、かつ小物の合わせ方次第で季節を繊細に表現できるのが魅力なのだとか。ユリア先生に早速その基本を教わっていこう。


9月になりました! まだまだ暑い日が続いているので私は思いっきりTシャツを活用していますが、季節を大切にする着物の世界では「単衣(ひとえ)」グッチスーパーコピーに衣替えですね。夏の「薄物」と10月〜5月に着る「袷(あわせ)」とはどんな違いがあるのでしょうか。


まず単衣とは、従来の決まりでいうと6月と9月に着る着物の種類です。薄物の絽や紗や麻などのように透け感のある生地ではなく、表布は袷と同じです。ただ、裏地が付いておらず、一枚で仕立ててあるのが特徴ですので、そんなに薄い生地は使いません。


裏地が付いていてもいなくてもあんまり変わらないような気もしますが……。そんなことはないんですよね(笑)。


裏地は動くことによってちらっと見えるので、裏地を何色にするかもファッション的な目線では結構重要だったりします。調和の取れる色を持ってくることもあれば、あえて大胆な色合わせをしてみたり。振袖等の場合は八掛(と呼ばれる袷の裾の裏につける裏地)にも柄を付けたりすることもあるんですよ。


そんな細かいところにもおしゃれ心を発揮するのですね! 確かに、裏地がないと見た目が軽やかな気がしてきました。