スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > モスキーノのジェレミー・スコットが語る、プラダスーパーコピー日本愛。
モスキーノのジェレミー・スコットが語る、プラダスーパーコピー日本愛。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-12-12
モスキーノのジェレミー・スコットが語る、プラダスーパーコピー日本愛。


モスキーノのクリエイティブディレクターを務めるジェレミー・スコットが、ハロウィン真っ只中のシーズンに来日。日本通で何度も訪れている彼だけれど、今回の旅で予想もしなかったカルチャーショックを受けたそう。果たしてその理由とは? 東京を満喫したプライベートショットを特別に見せてくれた。
エンターテインメント性に満ち溢れたコレクションで、見る者に驚きを与えてくれるジェレミー・スコット率いるモスキーノ(MOSCHINO)。プラダスーパーコピー2020年春夏は芸術に焦点を当て、これまでの自身のクリエーションを上回る大胆かつグラマラスなアプローチが印象的だった。なかでも、パブロ・ピカソの作品をモチーフにしたドレスは、まさに歩く芸術そのもの。 彼がアートに魅かれる理由とは


「ピカソの世界観はいつか表現したいと思っていたんだ」
モスキーノ 2020年春夏コレクション。
「“ピカソウーマン”に関しては5、6年前からずっとアイデアがあって、いつかコレクションで表現したいと思っていたんだ。それこそ20世紀初頭は、美に対する概念が完璧で、かつ現実主義でなければならなかった。ところが、ピカソが描いたものはあまりにも曖昧で、印象派の画家たちですら彼の作品と比べたらリアリスティックに見えていたくらいなんだ。そこで、僕は彼の功績とエッセンスを、どう表現するかを考えた。たとえば、肩のサイズを統一しなければならないという概念を捨ててみようとか、目のモチーフをアシンメトリーに配置してみたり。“完璧な美が不吉なものに支配される様”とでもいうのかな」