スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 「自分の運命は自分で決める!」エルメススーパーコピー─ルール・ブレイカー、キム・ペトラスの冒険。
「自分の運命は自分で決める!」エルメススーパーコピー─ルール・ブレイカー、キム・ペトラスの冒険。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-11-21
「自分の運命は自分で決める!」エルメススーパーコピー─ルール・ブレイカー、キム・ペトラスの冒険。


Spotifyで300万人をゆうに超える月間リスナー数を抱えるアーティスト、キム・ペトラス。先月リリースしたセカンドアルバム『Turn Off the Light』では内的な成長を感じさせた。そんなペトラスが、自身のレコードレーベルを立ち上げた経緯、ファッション観、音楽業界におけるLGBTQ+の表現について『VOGUE』に語ってくれた。


アーティスト、キム・ペトラスに対して責任を負えるのは、キム・ペトラス本人しかいない。彼女は今のようにヒットする以前、所属レコード会社から「トランスジェンダーのアーティストとして、常にニッチであるよう」繰り返し言われていたという。だがペトラスは、型にはまることが嫌いな人間だ。ゆえに彼女は、2016年に自らのレーベル「s」を設立。翌年にデビューシングル「 All」をリリースし、従来の「売れるための方程式」に頼らないオリジナルな方法で、名声を勝ち取ってきた。


ハロウィンがある10月に合わせてリリースされたセカンドアルバム『エルメススーパーコピー』は、ホラーにインスパイアされた力強いクラブヒットが満載。27歳のペトラスは、あらゆる物事を自ら決定していくことで、より実験的なプロジェクトに取り組む自由を手にし、商業的にも大成功を収めている。


Spotifyで330万人の月間リスナー数をもつ彼女には、「Bunheads」という呼び名で知られる熱狂的なファンたちがいる。目下、2019年7月にリリースしたファーストアルバム『Clarity』と、まもなく公開される『チャーリーズ・エンジェルス(原題)』のリメイク映画のサントラ1曲を提げたワールドツアーを敢行中。まさに破竹の勢いだ。


ドイツ・ケルンで育った彼女がポップスターを志すようになったのは、マドンナやグウェン・ステファニーといった憧れの存在の影響だ。幼い頃に性転換を経たペトラスが公の場に登場したのは、ドイツのテレビ番組に出演した13歳のとき。その後、トランスジェンダーの子どもたちの権利を訴える活動家として、知られる存在となった。彼女は、「トランスジェンダーのアーティスト」という属性を得られたことを嬉しく思う反面、その自分のアイデンティティの大切な部分を、より大きなストーリーにおける付加的要素と捉え直す覚悟ができていると言う。