スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 進化系パッチワークからデカダンな黒まで。エルメススーパーコピーNYコレのキーワード。
進化系パッチワークからデカダンな黒まで。エルメススーパーコピーNYコレのキーワード。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-10-10

進化系パッチワークからデカダンな黒まで。エルメススーパーコピーNYコレのキーワード。




エルメススーパーコピー先日閉幕した2020年春夏NYコレクションでは、リアルで洗練された70年代スタイルが復活を遂げた一方、誇張されたフリルや漆黒のプリンセスドレスがランウェイに華を添えた。5つのキーワードから、NY発のメイントレンドをダイジェストでお届けする。
1. 多様に進化するパッチワーク。


アメリカに受け継がれるクラフトといえば、開拓時代に発展を遂げたパッチワークだが、2020年春夏シーズンで発表されたそれらには、もはやノスタルジーは感じない。デザイナーたちのユニークな発想によって、この古きよき手工芸は、より自由に進化を遂げたのだ。常にNYの盛り上げ役を買って出ているジェレミー・スコット(JEREMY SCOTT)は、なんとTバック型のパンティーをつなぎ合わせ、ユーモアに富んだ個性を主張。トリー バーチ(TORY BURCH)は対極的に、清楚なリネンのハンカチーフをつなぎ合わせた。さらに、カラフルな小さな布を結びあわせたのはジョナサン コーエン(JONATHAN COHEN)。各デザイナーがめいめいの解釈によって、古きよきアメリカをアップデートしていたのが印象的だ。


2. 過剰なフリルの喜びを全身で享受。


昨シーズンに引き続き、2020年春夏シーズンを飾ったのは過剰なフリル使いだ。昨シーズン、NYでセンセーショナルにデビューを果たしたトモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)は、さらにパワーアップ。ブランドの強みであるポリエステルオーガンジーのフリルをけたたましいほどに用い、そこに無数のリボンを加えてシュールかつロマンティックなルックを完成させた。また、モデルが埋もれてしまいそうなほどに大きなフリルをあしらったミニドレスは、マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)から。ジェレミー・スコット(JEREMY SCOTT)は、ショルダーとヘムにアシンメトリーにあしらうことで、フリルの躍動感を最大化していた。