スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 販売とPR、 ルイヴィトンスーパーコピー2人の現役スペシャリストが教える仕事の極意。
販売とPR、 ルイヴィトンスーパーコピー2人の現役スペシャリストが教える仕事の極意。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-07-09
販売とPR、 ルイヴィトンスーパーコピー2人の現役スペシャリストが教える仕事の極意。


販売のエキスパートとして、ファッションブランドの店舗改革を数多く成功させてきた株式会社BRUSHの秋山恵倭子会長と、日本におけるアタッシェ・ドゥ・プレス(PR)のパイオニア、株式会社ワグの伊藤美恵代表の対談が実現。現場を知り尽くした現役両トップには、フィールドは違えど多くの共通点があった。 YAMAで、意外にも初対面という2人が語り尽くした仕事の原点とその極意とは 対談を通して、ファッション業界で働くために必要なものが見えてきた。
 
(左)株式会社BRUSH 代表取締役会長 秋山恵倭子さんと(右)株式会社ワグ 代表取締役 伊藤美恵さん
販売とPR、現場を知り尽くすプロの原点とは?
お2人ともファッション業界の人材を育成する立場でいらっしゃいますね。
秋山 私は“人を育てている”という感覚が実は全くなくて。むしろ私の方がお客様に育てていただいていると思っているんです。これまでにたくさんの失敗や成功を重ねたおかげで、“勝つ店をつくるためのセオリー”みたいなものを手にすることができました。それを皆さんにお伝えしているという感覚です。 


伊藤 確かにそうですね。教えるということでいうと、私は人に教えることが一番苦手でした。自分でやった方が何だって早いし、手伝ってもらうなんてまっぴら。 ルイヴィトンスーパーコピー面倒なことだとずっと思っていたんだけど、それって自分の最大のコンプレックスだったんですよね。思い返せば、長女だったから何でも自分でしてきたし、偉そうに好きなことを言ってきたものだから、弟(ミュージシャンの高橋幸宏氏)たちは「また言ってる」と、半ばうんざりしたような顔をしていたんですよ(笑)。そのときは人間力なんて難しいことは考えていなかったけれど、自分が欠点だと知りながら直さずに生きていくのは、人間失格のような気がしたんです。