スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > マフラーの基礎知識&新入荷情報 > プロ2人が語る、「東京セリーヌスーパーコピーブランドが支持されるその理由」。
プロ2人が語る、「東京セリーヌスーパーコピーブランドが支持されるその理由」。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-09-10
プロ2人が語る、「東京セリーヌスーパーコピーブランドが支持されるその理由」。


数あるブランドセリーヌスーパーコピーの中でなぜ今、ベーシック系のブランドが注目されるのか──。東京シーンを知り尽くす2人、安代と南馬越一義が、今の流れや特徴を語ってくれた。
東京ブランドが発信する洗練された大人のベーシックウェアは、ここ数年の大きな主流に。ミニマルで肩の力がぬけたスタイルは現代の女性像を体現すべく、多くの世代に支持を得ているようだ。


ザ・ノース・フェイスとの最後のコラボを行った、ハイク。〈右〉二人が共に注目ブランドに上げたチノは、メイド・イン・ジャパンにこだわった繊細なクリエーションが特徴。


──シンプル & クリーンな東京ブランドが注目されている流れをどう捉えていますか?

安代(以下K) フィービー・ファイロの影響は大きいでしょうね。メンズウェアをベースとした実用性と女性らしさを兼ね備えた服作りは、ここ数年で幅広い世代に浸透したように思います。ブランドの共通項を探すなら、“ジェンダー・フリュイド(男性的でも女性的でもない)”が相応しいのではないでしょうか。


南馬越一義(以下M) マスキュリンというのも重要なポイントですよね。ここで紹介されているブランドだと、ハイク(HYKE)なんかはメンズの要素も取り入れている。ワークやミリタリーなど、どちらかというとメンズ寄りなものをウィメンズにバランスよく昇華させています。おそらく今の30代~40代は、メンズアイテムを若い頃から取り入れてきた世代でもあるので、それが時代とリンクしたのでは。