スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > ベルトの基礎知識&新入荷情報 > バレエダンサー菅井円加が語る、ブランドベルトコピープリンシパルまでの道。
バレエダンサー菅井円加が語る、ブランドベルトコピープリンシパルまでの道。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-08-08
バレエダンサー菅井円加が語る、ブランドベルトコピープリンシパルまでの道。


2012年にローザンヌ国際バレエコンクールで1位に輝いたバレリーナの菅井円加。それから7年後、24歳となった彼女は(現在は25歳)今年7月1日にドイツの名門ハンブルク・バレエ団のプリンシパルに昇進して、再び大きな話題を呼んだ。そんな彼女に、今までの道のりと、これからの抱負を伺った。
体操からスタートしたバレエ人生。


ハンブルク・バレエ団は、現代最高の巨匠である振付家ジョン・ノイマイヤーが率いる世界的なバレエ団。菅井は初めての日本人プリンシパルとなった。ブランドベルトコピー男性ダンサー顔負けの強靭なテクニックで繰り広げられる高い跳躍や見事な回転はもとより、美しく正確なポジション、高い芸術性。何より踊る喜びを全身から放つさまは、観る者に幸せを与えてくれる、稀有なバレリーナだ。


今年の夏、菅井は「オーチャード・バレエ・ガラ ~ DANCERS〜」を始め、「  2019」、「横浜バレエフェスティバル 2019」など日本でも多くの舞台に立ち、大きく花開いた様子を見せている。


菅井がバレエを始めたのは3歳の時。最初は幼稚園の課外活動の体操クラブから始めて、6歳の時に本格的にバレエに移行した。


「男の子二人と私ひとりの小さなクラブから始めて、それがここまで来るとは(笑)。バレエが楽しかったことが、熱中したきっかけです。もともと体を動かすことが大好きで、学校でも体育の授業が一番好きなタイプでした。次第にバレエが毎日のルーティンのように、生活の一部になりました。知らないうちにここまで来ましたが、がむしゃらに自分の好きなことをできた、そのような環境にいられたので、周りの方には感謝していますね」