スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > 次世代レクサスの第一弾モデル、プラダスーパーコピー新型レクサスNXに試乗──キーポイントは電動化と多彩なラインナップ|L
次世代レクサスの第一弾モデル、プラダスーパーコピー新型レクサスNXに試乗──キーポイントは電動化と多彩なラインナップ|L
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2022-01-13
次世代レクサスの第一弾モデル、プラダスーパーコピー新型レクサスNXに試乗──キーポイントは電動化と多彩なラインナップ|LEXUS


次世代レクサスの第一弾として登場したミドルサイズSUVの新型NX。フルモデルチェンジの目的は、電動化と、多様なライフスタイルのユーザーに対応することだった。そのため、レクサス初となるプラグインハイブリッド(PHEV)とハイブリッド(HV)という2つの電動車のほかに、2.4リッターターボと2.5リッター自然吸気のエンジンモデルを用意することで、プラダスーパーコピー万全の体制でデビューした。長野県のビーナスライン周辺で行われた試乗会に参加して、新型の進化の度合いを確かめてみた。


電動化を推し進めるレクサス注目のPHEVモデル「NX450h+」
トヨタが先ごろ行った電動化に関する記者発表会では、BEV(バッテリーEV)モデルが一挙に16モデルも登場して我々の度肝を抜いてくれた。とはいえ、現実的に今最も使いやすい電動モデルとして注目されているのはPHEVだろう。新型NXのトップモデルとされたのもPHEV(プラグインハイブリッド)で、「450h+」グレードがそれだ。


パワートレーンは、185ps/228Nm発生する2.5リッターの直列4気筒エンジンと182ps/270Nmのモーターがフロントを駆動し、54ps/121Nmを発生するリアモーターが後輪を駆動する電気式四輪駆動のE-Fourだ。プラットフォームの「GA-K」を共有するトヨタ「RAV-4」とシステム自体はほとんど同じだけれども、最高出力は309psで、3psだけアップされている。