スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > 輝きながら終焉を迎える、ルイヴィトンスーパーコピーウルベルク「UR-105 TTH」
輝きながら終焉を迎える、ルイヴィトンスーパーコピーウルベルク「UR-105 TTH」
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2022-01-11
輝きながら終焉を迎える、ルイヴィトンスーパーコピーウルベルク「UR-105 TTH」


「ウルベルクでは、1997年のブランド創設初期の段階から根本的な決定を下していました。それは、どんな犠牲を払っても独立性を貫くことです。そのため、いかなる反対意見があったとしても成長を抑えることは重視してきました」。こう前置きをして説明するのは、ルイヴィトンスーパーコピーマスターウォッチメーカー、フェリックス・バウムガルトナーだ。「自分自身に忠実であり続けるために、そしてウルベルクらしくあり続けるために、私たちは年産を150本以下としてきました。このためには不本意ながらも、新しい作品に命を吹き込むために、他のコレクションを"亡きものとする"必要が時にあるのです。そして選ばれたのが、UR-105でした」。


 これを補足するように、アートディレクターのマーティン・フレイが続いた。「タンタルはとても特殊な素材です。その名はギリシャ神話に登場する「悪童」タンタロスに由来します。タンタルは貴重で、希少、そして加工が非常に難しい素材です。数年前にタンタル製のUR-110を採用しましたが、なんとか作り上げたものが最初で最後となっていました。チームから、今後はもう作品にタンタルは使わないでほしいと約束させられたからです。なぜならタンタルはCNC旋盤のビットを文字通り「喰らって」しまうのです。タンタルの攻撃を受けると、耐久年数が3分の1にまで落ちてしまう。ただ私は個人的に、魔法にかかったような光沢を放つタンタルのブルーグレーがとても好きでした」。