スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > 注目の陶芸家たち自らが撮影! ゴヤールスーパーコピー日常に溶け込む器の世界。
注目の陶芸家たち自らが撮影! ゴヤールスーパーコピー日常に溶け込む器の世界。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2021-04-08
注目の陶芸家たち自らが撮影! ゴヤールスーパーコピー日常に溶け込む器の世界。


生活に日本の美意識を取り入れたい ── そんなときにおすすめしたいのは、ゴヤールスーパーコピー 日本の伝統を生かしつつ新しいもの作りに挑む作家たち。気鋭の陶芸家たち自らが「作品がいちばん魅力的にうつるシチュエーション」で撮影した写真とともに、その作品をご紹介しよう。


「一汁三菜の献立に使う小鉢料理を想像して作った染付。自分でもよく使う食器です。折敷の上にのせ、料理を盛り付けた姿を想像していただければと思いながら撮影しました」と村田。


京都の料理人も一目置く上品な小鉢から、愛らしい動物モチーフの小皿まで、呉須(藍色の顔料)で絵付けをした染付白磁に定評のある村田森。日本で長く愛されてきた焼物には、中国や韓国など大陸の古陶にルーツに持つものも多いが、村田の器もしかり。


 「目指しているのは料理を盛って完成する食器です。寒い季節には温かみを、暑い季節には涼やかさを感じられるものを作りたい」という村田が手本にするのは、明末や李朝の白磁、あるいは17世紀に九州で焼かれ始めた伊万里焼だ。


それらの“写し”を繰り返して得た高い技術を用いつつ、今の食卓に寄り添う器を生み出している。明治から昭和期に活躍した食道楽の芸術家・北大路魯山人の写しも多数。


「食器棚の中の取り出しやすい場所に置いて、日常的に使ってほしいですね」