スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > ゴヤールスーパーコピーバッグ選びのコツとセンスって【マドモアゼル・ユリアと始めるモードな着物入門 】
ゴヤールスーパーコピーバッグ選びのコツとセンスって【マドモアゼル・ユリアと始めるモードな着物入門 】
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-09-14
ゴヤールスーパーコピーバッグ選びのコツとセンスって【マドモアゼル・ユリアと始めるモードな着物入門 】



 基本的には自由というユリア先生の、モードな私物バッグを披露してもらいながらその感性を探ってみた。秋冬コレクションの中から注目しているアイテムもASK!


風呂敷に包んだりするほか、着物の胸もとに差し込んだり帯に挟んだり、袖に入れたりしていました。現代でも扇子は帯に挟みますよね。


着物にはポケット的な役割の部分がいっぱいあるんですね! ゴヤールスーパーコピー明治時代、洋装とともにバッグが西洋から入ってきて、着物の時にも持つようになったんでしょうね。和装専用のバッグというのはあるのでしょうか。


日本の生地を使った和装用バッグでは礼装には佐賀錦製が好ましいと言われていたり、生地によって幅広いTPOで使用される利休バッグなんかがありますが、西洋由来のバッグについては、私は基本的には自由でよいんじゃないかなと思っています。前回お話しした着物の柄についても、西洋由来の花のモチーフは季節を問わないとされてたりしますし。


基本的には自由な感性でセレクトしよう。


左はユリアさん所有のケイタ マルヤマの「利休バッグ」。能面をモチーフにした和装用のクラッチはアンティークの着物のお店で購入。


もちろん、バックパックやボストンバッグなどは避けたほうがよいかと思いますが(笑)。小ぶりのトップハンドルやクラッチであれば大体着物に合いますよ。クラッチやアクセサリー感の強いものはどちらかと言うと訪問着や振袖の時など、かしこまったシーンが多いでしょうか。洋服の場合と一緒の考え方です。


確かにショルダーバッグやバックパック、クロスボディ、ウエストバッグあたりは着物には無理がありますよね(笑)。ハンドルを腕にかけて持ってもいいのでしょうか?