スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > “まじめに遊ぶ”をキーワードに、ボッテガヴェネタスーパーコピー古典とサブカルチャーを華麗に融合
“まじめに遊ぶ”をキーワードに、ボッテガヴェネタスーパーコピー古典とサブカルチャーを華麗に融合
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-07-24
“まじめに遊ぶ”をキーワードに、ボッテガヴェネタスーパーコピー古典とサブカルチャーを華麗に融合


幼いころから日本のアニメや特撮番組に親しみ、ヨーロッパの伝統的美意識と日本やアメリカのポップカルチャーを融合させた作風で注目を集める現代美術家ニコラ・ビュフ。2012年にパリ、シャトレ座で上演されたオペラ『オルランド』ボッテガヴェネタスーパーコピーのアートディレクションで高い評価を得て以来、日本でも原美術館での個展『ポリフィーロの夢』(2014)、GINZA SIXの巨大な吹き抜け空間を使った「『冬の王国』と『夏の王国』の物語」(2018)などで話題をさらってきた。


このたび彼の代表作の数々がアートトイとなってメディコム・トイよりリリースされることが決定。ここではイントロデュースとして、ニコラ氏が影響を受けてきた作品や制作コンセプトについてうかがった。


21世紀の現代美術界では、マンガやアニメの持つダイナミズムに着目し、独自の解釈で新たな次元に昇華しようとする意欲的なアーティストが次々と登場している。今回紹介するニコラ・ビュフも幼い頃からポップカルチャー全般に親しみ、アニメ、特撮、漫画、ビデオゲームから多大な影響を受けてきた。
「僕が幼少期を過ごした1980~90年代、フランスでは日本のテレビアニメや特撮がたくさん放送されていて、少年もの、少女もの、スポーツ、SF、スーパーロボットなど多彩なジャンルの作品をほぼ毎日観ることができました。当時お気に入りだった作品の一部を挙げると、スペクトルマン、宇宙海賊キャプテン・ハーロック、科学忍者隊ガッチャマン、カリメロ、UFOロボ グレンダイザー、鉄腕アトム、超時空要塞マクロス、太陽の子エステバン、名探偵ホームズ、キャンディ♥キャンディ、キャプテン・フューチャー、コブラ、めぞん一刻、聖闘士星矢、ドクタースランプ、ドラゴンボール、ベルサイユのばら、キャッツ♥アイ、北斗の拳、らんま1/2……キリがないですね(笑)」