スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > より長く、より魅力的に。ルイヴィトンスーパーコピーマリーン・セルのアップサイクルへの挑戦。
より長く、より魅力的に。ルイヴィトンスーパーコピーマリーン・セルのアップサイクルへの挑戦。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-03-06
より長く、より魅力的に。ルイヴィトンスーパーコピーマリーン・セルのアップサイクルへの挑戦。


2017年、LVMHプライズでグランプリ受賞したマリーン・セルは、サステナブルなものづくりを実践してきたデザイナーだ。彼女は「アップサイクル」をテーマに掲げた2020-21年秋冬コレクションでも、気候危機に対する独創的な回答を提示している。彼女にとって創造性とは何か。そして目指すべきデザインの本質について、話を聞いた。


マリーン セル(MARINE SERRE)は、ルイヴィトンスーパーコピー今シーズンのショー会場にパリ19区にあるル・サンキャトルを選んだ。ここは、長年葬儀場として使われたのちに多目的文化センターとして生まれ変わった場所。古着に新たな命を吹き込むことで、無駄に満ちたファッション業界のあり方を見直そうと呼びかける彼女のコレクションを見せるのに、これほどぴったりの場所があるだろうか。


若手デザイナーの支援を目的としたLVMHヤングファッションデザイナー部門で、2017年にグランプリを受賞をしたセルは、2020-21年秋冬シーズンで、コレクションの約50%にアップサイクル素材を使用した。コレクションのテーマに掲げた「Mind, Melange, Motor」は、フランク・ハーバートのSF小説シリーズ『デューン/砂の惑星』が着想源だ。メランジ(Melange)は、同小説に登場する架空の秘薬の名称。「スパイス」とも呼ばれ、意識を高め、寿命を延ばす作業があるとされる。