スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > トップの不在に若手の台頭……。プラダスーパーコピーNYコレクションは進化できるのか
トップの不在に若手の台頭……。プラダスーパーコピーNYコレクションは進化できるのか
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-02-11
トップの不在に若手の台頭……。プラダスーパーコピーNYコレクションは進化できるのか


開催期間の短縮化と効率化によって、より魅力的に生まれ変わろうと挑戦を続けるNYコレクション。2020-21年秋冬シーズンは、どんな進化を見せてくれるのか。注目すべき6つのポイントを紹介しよう。
クリスチャン・シリアノ(CHRISTIAN)2020年春夏コレクション。


前シーズン(2020年春夏)のNYコレクションは、プラダスーパーコピー「異例」と言えるものだった。というのも、アメリカファッション協議会(以下、CFDA)が開催期間の短縮と効率化を決定したからだ。CFDAプレジデント兼CEOのスティーブン・コルブは、こう振り返る。


「開催期間の短縮は、大成功だったと言えるでしょう。丁寧にスケジュール調整を行った結果、バイヤーとエディターにはとても歓迎された。もちろん、今後も続けていくつもりです」


もうすぐ幕が開ける2020-21年秋冬NYコレクション(2月7日〜12日)は、前回からさらにパワーアップして、定評あるデザイナーに加えて多くの新しい才能が発表することが決まっている。どちらかというと、NYの秋冬は春夏よりも控えめな傾向があるが、コルブはかつてないほどの期待を寄せる。