スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > シャネルスーパーコピーインフルエンサーの向かう先。
シャネルスーパーコピーインフルエンサーの向かう先。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2020-01-07
シャネルスーパーコピーインフルエンサーの向かう先。


インフルエンサーの立ち位置やソーシャルメディアは今後、ファッション業界においてどんな方向に向かっていくのだろうか。NYのマーケティングのプロ、シャネルスーパーコピー「BPCM」共同創設者のキャリー・エレン・フィリップスは、「いいね」の数字に左右される時代から解き放たれ、人々の信憑性がインフルエンサーの成功に繋がると唱える。 
「インスタグラムの数字は次第に意味をなさなくなり、共鳴と信憑性の時代へとシフト」
キャリー・エレン・フィリップス(Carrie Ellen Phillips)「BPCM」共同創設者
コミュニケーションツールとしてだけでなく、今やグーグルのように検索ツールとしても使われ、日常で欠かせない存在となったインスタグラム。その中で今、影響力を持つファッションインフルエンサーとはどういう人なのか?その行方は? NYのマーケティングのプロに聞いた。


キャリー・エレン・フィリップス(以下C) インスタグラムが人気になり始めた頃は、フォロワーの数が多ければ多いほど良いとされていましたが、そのうちエンゲージメント、ライクとコメント数はどれくらいあるかということが注目されるように変わってきました。機能面でも、スワイプアップやクリックしてすぐ購入できるシステムなどが導入されたことにより、ブランド側はいかに早く自社サイトにアクセスさせるかを競うようにもなりました。最近の動向としては、なぜみんながこのインフルエンサーをフォローしているのか、どうして彼らにフォロワーたちがエンゲージしているのかをマーケッターが見るようになってきているという点です。