スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > エディ・スリマンが手がけるセリーヌスーパーコピー初のパフューム コレクションに注目。
エディ・スリマンが手がけるセリーヌスーパーコピー初のパフューム コレクションに注目。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-12-02
エディ・スリマンが手がけるセリーヌスーパーコピー初のパフューム コレクションに注目。

 

エディ・スリマンがセリーヌのアーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターに就任して以来、初めて手がけたうえ、香りをプロデュースするのは約15年ぶりと話題のパフューム コレクション「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」。コレクションは11種類の香りで構成され、2019年の11月初旬にはフランス・パリのサントノレ通り390番地にオープンしたセリーヌ初のパフューム専門店舗「オート パフューマリーブティック」で、6つのデイリーラインと3つのイヴニングラインからなる9種類の香りの取り扱いがスタート。


ショウケースのようにデザインされたブティックでは、パフュームとともにパフュームケースやトラベルキット、シルバーアクセサリーなど、ポータブルなアイテムも展開し、パリにおける初のパフュームの拠点として注目の的に。「セリーヌスーパーコピー オート パフューマリー コレクション」の残り2種類の香りも2020年に発売予定。日本でも、9種類の香りは11月中旬にお目見えした。


11種類の香りにつけられている名前はエディ・スリマンが愛する場所や人々との思い出から抽出され、ルーツはすべて彼の香りに関する記録。特定の記憶や物語がパフュームを支える土台となり、調香師との対話を繰り返しながら、そのビジョンとインスピレーションを香りで具現化しているのが特徴だ。印象的なパウダリー ノートがコレクション全体に用いられ、ツリーモスやアイリス、ローズなど60年代から70年代にかけてのフランスのパフューマリーを象徴するノートと見事に調和。それぞれ、奥行きのある洗練された香りに仕上がっている。