スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > 編集長の「基本をアップデート」プラダスーパーコピー企画Part 2。
編集長の「基本をアップデート」プラダスーパーコピー企画Part 2。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-11-05
編集長の「基本をアップデート」プラダスーパーコピー企画Part 2。


プラットフォームシューズは、今やトレンドを超えて毎シーズン、スタイルを変えて登場するモードの定番アイテムになっています。プラダスーパーコピー私個人の例をお話すると、プラットフォームはデザインの問題だけでなく、海外でのパーティやモデルたちと並ぶステージへの登壇などの際に「身長差を埋める」ための、ある種“機能性アイテム”としての役割もあります。サンダルからブーツまで、これまでにも何足ものプラットフォームシューズをコレクションしていますが、この秋冬の最新作を見ながら、その選び方や着こなしのdを、スタイリストの谷藤知可子さんと探ってみたところ......。 ※ジャケット編はこちらから。


渡辺(以下 W):私にとって、プラットフォームシューズは仕事の場面では“マストハブ”なのですが、デザインの好みからすると、実は「一番好きな靴」というのとは少し違うのです。その中でも、実用と好みを両立できるデザインが見つかるのが、昔からサンローランだったのです。気をつけないとプラットフォームは「下駄を履いてる」みたいなバランスになってしまうのですが、サンローランのものは安定感がありながら前後の高低差が程よくあって、脚がキレイに見えるんですよね。つまりは、全体に底上げされつつ高低差があり、かつ歩きやすい、という自分にとっての“シンデレラシューズ”をいつも探しているんです。


んー、難しいですね(笑)。昔からサンローランのプラットフォームは確かに優秀だと思います。今シーズンは、トレンドというよりは、各ブランドにそんな雰囲気のものがいくつか見つかる、という感じでしょうか。