スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > クリーンイーティングは「クリーン」セリーヌスーパーコピーじゃない! 正しい理解を専門家が教示!
クリーンイーティングは「クリーン」セリーヌスーパーコピーじゃない! 正しい理解を専門家が教示!
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-08-07

クリーンイーティングは「クリーン」セリーヌスーパーコピーじゃない!  正しい理解を専門家が教示!



クリーンイーティングは、とどのつまり、ダイエットを言い換えただけだった── ウェルネスやサステナビリティへの関心が高まるなか、セリーヌスーパーコピー「クリーン」という言葉のもつイメージを巧みに利用しようとする企業があると指摘する専門家がいる。こうした企業の欺瞞や矛盾を見抜くために必要な視点を、栄養やウェルネスのプロに聞いた。


ダイエットは、従来の「体重を落とす」ことを主眼としたものから、自分らしい体型と健康を手に入れる「ウェルネス」という考え方にシフトしたとされている。市場調査会社ユーロモニターの2018年の調査によると、倫理的に「健康食品」に分類できる食品は、全世界で459億ドル(約5兆円)相当あったと報告している。けれど、実際には減量を目的とした食品を再ブランド化して健康食品と呼んでいるだけなのではないだろうか


「アトキンスダイエット、グレープフルーツダイエット、スリムファースト(SlimFast)など、1980年代と1990年代は、第1世代のダイエット志向が流行りました。実際は、もっと昔に遡ることができます。一方、クリーンイーティング、グルテンフリー、アルカリなどは第2世代と呼べるでしょう」


管理栄養士でありウェルネス提唱者であるローラ・トーマス博士は、こう説明する。この新しい第2世代を簡単に紹介すると、アルカリ(アルカリ性食品を食べることで酸性食品の影響を防ぐと言われている)、低GI(低脂肪および低糖の食品)、パレオ(「原始人」ダイエットに基づき、基本的に加工食品ではなく自然食品を好む)、ケトジェニック(低炭水化物、高脂肪)、間欠的ファスティング(5:2ダイエットから隔日断食まで断食間隔はさまざま)など。それぞれ、新たな健康改善を約束する一方で、基本的にすべてカロリー制限と関係があり、つまりは「減量」につながっているようだ。