スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > サントスの精神を体感する、サンフランシスコへカルティエスーパーコピーの旅Vol.1|CARTIER
サントスの精神を体感する、サンフランシスコへカルティエスーパーコピーの旅Vol.1|CARTIER
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-06-07
サントスの精神を体感する、サンフランシスコへカルティエスーパーコピーの旅Vol.1|CARTIER




Cartier|カルティエ
編集大魔王 祐真朋樹
サントスの精神を体感する、サンフランシスコへの旅。


世界初の男性実用腕時計として歴史のその名を刻む「サントス ドゥ カルティエ」のNEWコレクションが、アメリカ・サンフランシスコで華々しくローンチ。そのイベントとパーティの模様を、カルティエスーパーコピーが3回にわたってレポートします。


サンフランシスコへ行くのは実に4年ぶり。到着後、空港からホテルへ向かう車内で、「みなさん、サンフランシスコは何度目ですか?」と訊かれた。車に同乗していたメンバーは、GQ JAPANの鈴木編集長、UOMOの山崎編集長、そしてポートランドから駆け付けたモデルのリヒト、その他ジャーナリスト数名。


「初めて」、「3度目かな」、「4回目」・・・と答えが続き、僕は「10回くらい」と答えた。後で冷静に指を折りながら数えると、多分7回目だった。盛りすぎを反省したがが、訂正するチャンスはなかった。


ホテルにチェックインをし、急いでアンパッキンしてイベント会場へ。車窓から見えたビルの屋上を見ていたら、’95年頃にメンズブランドのカタログ撮影で来た時のことを思い出した。


アートスクールの屋上にある学食でカメラマンと張り込み。そこへ来る学生たちの中から個性的な男女をスカウトし、その場で持って来た服に着替えさせて撮影した。ゲリラだったので、学校側に見つかると間違いなく追い出されたと思う。


でも、僕もカメラマンも、いかにもそこの学生であるかのように振る舞い、その場に溶け込む努力をした。おかげで半日間、校内のあちこちで撮影したにもかかわらず、何のお咎めもなかった。生徒たちのファッションがイケていたのにはびっくりした。


ディッキーズのコットンパンツを男のようにはきこなす女子学生、ガリガリで長身&長髪の男子が履いていた黒のコンバース・オールスター、スキンヘッズの頭頂部にスタイリッシュなタトゥーを入れたカップル・・・などなど、個性的かつスマートな人たちであふれていた。


彼らの出で立ちは、それまでニューヨークやロサンゼルスで見てきたアメリカンスタイルよりもリアルで親近感が持てた。「あの学校はどの辺りだったかな〜?」と、窓へ顔を近づけたが、結局見つからなかった。