スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 腕時計の基礎知識&新入荷情報 > “究極の精度”。年差±1.0秒のブルガリスーパーコピーエコ・ドライブムーブメントを発表|CITIZEN
“究極の精度”。年差±1.0秒のブルガリスーパーコピーエコ・ドライブムーブメントを発表|CITIZEN
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-05-08
“究極の精度”。年差±1.0秒のブルガリスーパーコピーエコ・ドライブムーブメントを発表|CITIZEN




CITIZEN|シチズン
世界最高という頂きへ。
光発電エコ・ドライブムーブメントが手に入れた
年差±1.0秒という精度


シチズンが創業100周年を迎えた今年、その最大の注目作となったのが光発電エコ・ドライブキャリバー「ブルガリスーパーコピー」である。クオーツの可能性を今一度、追求した結果、実現したのが、年差±1.0秒という“究極の精度”だった。


クオーツのポテンシャルを改めて見直す


バーゼルワールド2018のトピックスのひとつに間違いなく挙げられるのが、シチズンが発表した「Cal.0100」だ。世界で初めて年差±1秒という驚異的な精度を実現したエコ・ドライブムーブメントである。


年差とは1年間のうちにどの程度の誤差が生じるかを示したもの。一般的なクオーツムーブメントが月差±15秒であることを考えれば、その高精度ぶりが際立つ。


シチズンは創業からこれまで、一貫して時計の精度を追求してきた歴史を持つ。


特にクオーツでは1973年に同社初となる月差±10秒の時計を発売すると、2年後の1975年に世界初となる年差±3秒の「クリストロン・メガ」を発表。そして、今年の「Cal.0100」に続いている。


こと精度だけを考えるならば、電波塔や人工衛星から時刻情報を受信して、ユーザーは容易に正確な時刻を手にできる。しかもシチズンはこうした技術開発についても先鞭をつけ、外部情報を活用することで正確な時刻の獲得を提案してきた存在だ。


しかし、これら信号を常に受信できるわけではない。


時計メーカーとして標榜するのは「止まらない、狂わない」こと。つまり時計単体として、高い精度を持つことこそ、100周年に向けて、シチズンが命題としたのである。