スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 稀代のクリエイターに誘われ、カルティエスーパーコピー魅惑的な香りの世界へ。
稀代のクリエイターに誘われ、カルティエスーパーコピー魅惑的な香りの世界へ。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-01-07
稀代のクリエイターに誘われ、カルティエスーパーコピー魅惑的な香りの世界へ。



9本ものレギュラー番組を持ち、CM出演も多数。カルティエスーパーコピーその姿を見かけない日はないほど活躍中の人気タレント、マツコ・デラックスさんに香りとの出会い、そして自らファンであると公言される、セルジュ・ルタンスの香りについて語っていただいた。

最初に、マツコさんとフレグランスとの出会いを聞いた。
「女装を始めた頃じゃない  ハタチ過ぎぐらいかな。最初に使ったのは、わかりやすく甘い香りで、女性性をより感じさせるもの。半分冗談で選んだ感じだけどね」

「お世辞で言うわけではないけれど、ほとんどセルジュ・ルタンスで、たまに資生堂のZENね。でも、好きなのはやはりルタンス」

マツコさんとルタンスの香りとの出会いについては、時間が少し遡る……。
「セルジュ・ルタンスとの最初の出会いは、インウイの広告。『ファッション通信』の番組中に流れるインウイのCMを見て(それを手がけた)ルタンスという人に興味を持ち、いろいろ調べてみると、山口小夜子さんとの関係とか、資生堂の仕事に広く携わっている人物とわかってきた。本人に対しての興味から入り、その彼が調香している香りなら、ぜひつけたいと思ったのが始まりよ。最初は、自分にはハードルの高い香りで、人間性をもう少し高めないと、と思いながらつけてたわね」

ルタンスの香りの中でも、特に愛用されているのが「サンタルマジュスキュル」とのことだったが、インタビュー当日、マツコさんがまとっていたのは別の調香の「ロルフェリン」。「サンタルマジュスキュル(夢物語のサンダルウッド)」は、白檀にカカオ、トルコのローズをミックス。遠い日の情景のように甘美でほろ苦い香り。一方、「ロルフェリン(灰の乙女)」は、インセンス、ムスク、カストリウムからなる重厚なコンポジション。どちらもコレクションノワール・ラインに属するフレグランスだ。