スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > ネスプレッソから5ヵ国の大地の恵みと、ブライトリングコピー熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ 「マスタ
ネスプレッソから5ヵ国の大地の恵みと、ブライトリングコピー熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ 「マスタ
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-09-10
ネスプレッソから5ヵ国の大地の恵みと、ブライトリングコピー熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ 「マスターオリジン」登場



「NESPRESSO(ネスプレッソ)」が9月4日(火)より、5ヵ国の大地の恵みと職人技から生み出された、新機軸のコーヒーシリーズ「マスターオリジン」の販売を開始した。


今回新たな定番ラインナップとして登場する「マスターオリジン」ブライトリングスーパーコピーシリーズは、インド、インドネシア、コロンビア、ニカラグア、エチオピアの5ヵ国で生産された単一原産国のコーヒー豆を使用した、5種類のカプセルコーヒー。


単一原産国から選んだコーヒー豆のみを使用する「シングルオリジン」というこれまでの考え方に加え、「マスターオリジン」には各国でコーヒーの生産に関わる職人(=マスター)の高い技術と特別なこだわりが込められている。


今回ネスプレッソは、新シリーズのコーヒーの味わいを創り上げるうえで、土壌や気候、標高というコーヒー豆生産国の自然環境を意味する「テロワール」だけでなく、生産者の手仕事をはじめとするコーヒーの製造プロセス(収穫・精製方法)にもフォーカスし、より「クラフトマンシップ」を体現したコーヒーづくりに取り組んだ。


コロンビアでは、完熟したコーヒーチェリーの収穫時期をあえて遅らせる「遅摘み」による収穫を、湿度が高い気候のインドネシアではコーヒー豆の水分量を調節する「ウェットハル」という精製方法を、ニカラグアでは、細心の注意と手間を必要とする「ブラックハニープロセス」という精製方法をそれぞれ採用。


厳選された生産地で栽培されたコーヒー豆から、難易度が高い技法によって創り出されたコーヒーを、あなたも楽しんでみては?