スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 議論勃発! エルメススーパーコピーフィギュアスケートの採点ルールが変わる
議論勃発! エルメススーパーコピーフィギュアスケートの採点ルールが変わる
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-03-08
議論勃発! エルメススーパーコピーフィギュアスケートの採点ルールが変わる




2018年2月23日に行われた平昌オリンピックのフィギュアスケート女子フリー。金メダルに輝いたアリーナ・ザギトワ選手(15歳)と銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ選手(18歳)の得点差は、わずか1.31点だった。その明暗を分けたのは演技構成。その影響で国際スケート連盟(ISU)は今年6月の総会でルール改正を提案すると言われている。


得点差はわずか1.31点


平昌オリンピックで「ロシアからの五輪選手(エルメススーパーコピー)」のエフゲニア・メドベージェワ選手が、映画『アンナ・カレーニナ』の楽曲に合わせて圧巻の演技を披露すると、観客からは大歓声と拍手が湧き上がった。それに感極まったメドベージェワ選手は目に涙を浮かべたけれど、しばらくすると空気が一変。なんと彼女の得点が、ライバルであるアリーナ・ザギトワ選手と同点の156.65点だったのだ。つまり、ショートプログラムと合わせた合計は238.26点で、わずか1.31点差でザギトワ選手に敗れたということ。その予想外の結果に、会場がどよめいた。