スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > 財布の基礎知識&新入荷情報 > 来春夏のトレンドはシャネルのリップパウダーにシャネルスーパーコピー凝縮されていた!
来春夏のトレンドはシャネルのリップパウダーにシャネルスーパーコピー凝縮されていた!
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2017-12-07
来春夏のトレンドはシャネルのリップパウダーにシャネルスーパーコピー凝縮されていた!




2018年春夏のトレンドメイクは「ミニマムメイク」
来春夏のトレンドはシャネルのリップパウダーに凝縮されていた!


2018年春夏のトレンドで私が気になったのは、スモーキーがかったピーチピンクやパステルブルーやグリーン、イエロー、またはオレンジといったカラーのルック。はしゃぎ過ぎず攻撃的でもなく、そして軽やかで心が浮き立つような色のファッションに心惹かれました。そんなファッションに似合うメイクは?と考えた時に、シャネルスーパーコピーパッと浮かんだのは来年2018年1月5日(金)に発売されるシャネルのリップパウダー「プードゥル ア レーヴル」(特別限定品)。フワッと染まったかのように仕上がるこのリップが、来春夏のファッションのイメージにピタリと重なったのです。


ポイントは「していないように見えること」


ところで来春夏のメイクのトレンドを一言で表すなら「ミニマムメイク」でしょうか。素肌のように見えるベース作り。目元や頬は色をあまり目立たせず、リップも素唇のような印象。唯一のポイントは斜め上に毛流れを立ち上げたり、自然な太眉に描いたりする少し強めの眉。


フレッシュでリアリティビューティといった印象のメイクがトレンドのようです。これはヘアメイクアップアーティストとしては心踊るトレンドですが、リアルな大人の女性は(20代前半までの女性以外)、このトレンドを鵜呑みにしては危険。肌には隠したい部分は少なからずあるだろうし、目元のメイクを何もしなかったら寝ぼけた印象になってしまうかもしれないし、チークやリップで血色をプラスしなければ、昨夜の徹夜がバレてしまうかもしれないし……!


でも心配はご無用。何もランウエイを歩くモデルたちも、あくまでも素顔風であって、リアルに何もメイクをしていないということではないということ(ほとんどが10代ではあるけれど)。あくまでも“素顔風”に見えるように、細やかにメイクを施しているのはコレクションの写真からでも見て取れます。


大事なのは“していないように見える”こと。眉以外のメイクについては、肌は薄付きに見えるけれどカバー力のある優秀なリキッドファンデーションを選び、パウダーは極力少量。目元を明るく見せるためにハイライトカラーを瞼に塗る。またはベージュで自然な凹凸感に仕上げる(でも日本人がベージュを使うと、くすんで見えてしまうので注意。そして“影色”は欲しいところ)。上瞼のまつ毛の内側に隠しアイラインを引いて、頬はピーチ色で自然な頬色に。


そして唇は口紅かグロスを塗った後に全体をティッシュで押さえたり、輪郭をぼかしたりして色が染まっているかのように仕上げる。このような唇に仕上げると“塗っている感”が薄れて、顔全体までが自然な印象に。