スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > マフラーの基礎知識&新入荷情報 > ミハラヤスヒロX怪獣芸術家ピコピコ先生 ちょっと長めの7000字怪獣放談|ルイヴィトンマフラーコピー TOY
ミハラヤスヒロX怪獣芸術家ピコピコ先生 ちょっと長めの7000字怪獣放談|ルイヴィトンマフラーコピー TOY
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-01-13
ミハラヤスヒロX怪獣芸術家ピコピコ先生 ちょっと長めの7000字怪獣放談|ルイヴィトンマフラーコピー TOY




ピコピコ先生! 怪獣芸術って何ですか
昭和時代に育まれたニッポンの優れた造形“Kaijyu”を紐解く!


ウルトラマンや仮面ライダーなど、TV画面を縦横無尽に駆け抜けるヒーローたちへの大きな羨望をよそに、その対戦相手として、登場しては敗れ去っていく怪獣たちに憧れた人もいる。怪獣マニアたちだ。今回はそんな怪獣マニアたちが、何を愛で、何に共感したのかを浮き彫りにするために、2人のマニア代表に集まっていただいた。ルイヴィトンマフラーコピーファッションデザイナー、ミハラヤスヒロさんと、怪獣芸術家ピコピコ先生である。じつはおふたり、今回が初対面なのだが、もう掛け合いのように話が止まらず……。


“こんなの現実世界では見たことない!”


ミハラ はじめまして。今日は僕も大好きな怪獣について、いろいろ勉強させてください。


ピコピコ こちらこそ宜しくお願いします。


――まずは、お二人が小さい頃の怪獣原体験から。


ピコピコ 僕は1968年生まれで『帰ってきたウルトラマン』(’71〜’72年放送)からリアルタイムで観ています。


ミハラ 僕は’72年生まれなので、その少し後の世代ですね。福岡では夕方5時にウルトラシリーズを再放送していたので、よく観てました。


おばあちゃんに怪獣のソフビ人形を買ってもらったのを覚えています。当時はビニール袋に入った1個360円ぐらいのソフビ人形が玩具屋さんにたくさん吊られていて。本格的に怪獣に興味を持つようになったのは、シールをペタペタ貼っていくノートがあって……。