スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > ベルトの基礎知識&新入荷情報 > 京都祇園の伝統的“エルメスベルトコピー通販店期間限定ブティックとして再生
京都祇園の伝統的“エルメスベルトコピー通販店期間限定ブティックとして再生
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2017-06-09
京都祇園の伝統的“エルメスベルトコピー通販店期間限定ブティックとして再生




エルメス(HERMES)が11月3日、京都・祇園にエルメスベルトコピー通販店(京都市東山区祇園町南側570番地8)をオープンする。

12月9日より第2弾となるイベント「WINTER TIME」が始まった。詳しくはこちらからチェック。

このブティックは、2017年7月31日までの期間限定。11月3日から9ヶ月にわたって、エルメスのものづくりの精神や世界観を様々な形で展開していくという。その第一弾として、オープンから11月30日まで、エルメスのアイコンとも言えるスカーフの「カレ」にフォーカスしたイベント「HERMESMATIC」が行われる。店内では、一つとして同じものはない限定300枚のディップダイの「カレ」と、16-17AWシーズンのアクセサリーも展開される。


ブティックを構える地は、景観保全修景地区に指定されている祇園の中心を通る花見小路沿い。八坂神社や建仁寺にも程近く、周りには由緒ある茶屋や料亭が立ち並ぶ。ブティックオープンの発端は、建築様式“京町家”が形成された江戸時代中期、同地で創業した大丸が2017年に300周年を迎えるにあたって、失われつつある“京町家”を保存・活用しようと始めた「町家プロジェクト」にある。一方で1837年、馬具工房としてフランスで創業したエルメスは、その伝統と共にある美しい手仕事を頑なに守りながら革新を続け、時を超える価値を生み出してきた。今回、日本とフランス、異なる文化を持ちながらも、伝統と革新、職人の技、ものづくりへのこだわりが京都とエルメスを結び、伝統的な町家を舞台とした期間限定ブティックが実現した。


改装前は、住居や茶屋として利用されていたというこの町家は、花見小路に馴染んだ情緒ある佇まい。入り口の引き戸を開けて、暖簾を潜り、エルメスの世界へ誘われる――。