スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > トム・サックスがD.I.Y.で表現した、茶の湯を取り巻く世界──「プラダスーパーコピー」展。
トム・サックスがD.I.Y.で表現した、茶の湯を取り巻く世界──「プラダスーパーコピー」展。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-05-10
トム・サックスがD.I.Y.で表現した、茶の湯を取り巻く世界──「プラダスーパーコピー」展。


シャネルやプラダスーパーコピーのロゴを模したアート作品で、一躍その名が広まった現代アーティスト、トム・サックス。ユーモラスでアイロニカルな視点を持つ彼が、日本の伝統的な「茶の湯」の世界を解釈したら ニューヨークで2016年に開催された展覧会が、満を辞して日本で発表されることとなった。アートライターの住吉智恵が、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の展覧会を訪れた。


東京オペラシティ アートギャラリーで開催されているトム・サックス「ティーセレモニー」は、展示空間全体が生真面目なクラフトマンシップといい感じで脱力したユーモアに貫かれている。


トムは生粋のニューヨーカーで、アメリカ人の美徳ともいえるD.I.Y.精神を過剰なまでに信奉するアーティストであり、同時に物質文明と消費社会の申し子である。少なくとも2000年に初来日した彼にインタビューした印象はそうだった。裕福なユダヤ人家庭に育ったが、それ以上にリッチな家の子が通う高校に通ったため、買えないブランド物をハンドメイドで作ってみせたんだ、と語ってくれた(たしかラコステのロゴの刺繍だった)。
トム・サックス


1999年、ニューヨークのメアリー・ブーンギャラリーで、彼はシャネルのロゴを付けた本物そっくりの拳銃の彫刻を展示し、オープニングレセプションでキャンディの紙に包んだ実弾を土産に配り、画廊主はお縄になった。プラダのロゴ付きの便器やエルメスの箱に入ったマックのハンバーガーを次々に発表し、一躍注目を浴びた個展だ。その後もこれらのブランドから訴えられることもなく、さらにはNASAやナイキと共同プロジェクトに取り組むなど、常に良い関係性を築いてきた。かつて、建築家フランク・ゲーリーの事務所で家具制作を担当した経歴を持つトムの作品世界は、スーパーブランドへの批評性を孕みつつ、造形のクオリティと彫刻の拡張性という裏付けによって賞賛を得てきた。
トム・サックス


2012年から茶道を学び始めたトム・サックスは、おなじみの日用品や工業用素材を使って、茶道具や茶室の設えを制作し、独自の茶道の世界を構築してきた。それが本作「Tea Ceremony」である。


トム曰く、ニューヨークでは茶道を嗜むことが高学歴の白人中年男性にとって、エリート意識をくすぐるステイタスになっているそうだ。千利休が秀吉の虚栄心を酔わせたように、わざと質素に振る舞うスタイルがクールだとか表層的に解釈され、利休が理想とした「侘び寂び」や「禅」からかけ離れてしまったことが茶道の弱みだ、と彼は語る。茶道のコアな価値観である純粋性、調和、静謐、敬意といったものは、人間がすでに知っている自由な概念であって、それを解き放つことに本来の茶道の精神がある、と主張する。