スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > 女優に監督。セリーヌスーパーコピー今、目が離せないハリウッドの女性6人。
女優に監督。セリーヌスーパーコピー今、目が離せないハリウッドの女性6人。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2019-03-15
女優に監督。セリーヌスーパーコピー今、目が離せないハリウッドの女性6人。



全米公開された途端、北米で1億5300万ドルもの興収を記録し、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品としてトップの『ブラックパンサー』(18)に次ぐ大ヒットとなった『キャプテン・マーベル』。同作に主演しているブリー・ラーソンや共同監督のアンナ・ボーデンをはじめとする、ハリウッドの新時代を牽引する実力派の女性たち6人をフィーチャーする。
ブリー・ラーソン 強い意志で信条を貫く、本物のヒーロー。

映画『キャプテン・マーベル』より。3月15日(金)より全国公開中。
MCU史上、セリーヌスーパーコピー初の女性主人公の映画『キャプテン・マーベル』が早くも話題担っている。そのヒロインの主演に選ばれたのが、『ルーム』(15)でアカデミー主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンだ。

彼女が演じたのは、宇宙のクリー帝国のスターフォースの戦士ヴァース。事故で失った記憶の代償に強大な力を得た彼女がミッション中に地球へ不時着するところから、物語は始まる。


ブリーは作品公開直後の土曜日、映画館をサプライズで訪問し、ポップコーンやソーダを配るなどして観客を喜ばせたという。作品内でのアクションシーンは、大半を自身で演じたが、実は運動はあまり得意ではなく、本作のためにトレーニングを始めた頃は腕立て伏せもできなかったほどだった。だが、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)でエミリー・ブラントを鍛えたトレイナーをつけ、9カ月かけて体づくりに励んでいった。


そんな彼女が今回の取材を受ける際に意識したというのが、「ダイバーシティーやインクルージョン」だという。メディアの大半が白人の男性だったという以前の経験を踏まえ、今回は障害のあるアフリカ系の女性ジャーナリストを指名するなど、今まで機会に恵まれずにいた人々と積極的に接するようにしたのだ。「キャプテン・マーベルを演じることで与えられたパワーを使うことにしたの。特別扱いされるのは居心地悪いけど、それが何かに役立つと思えばと思って」と語っている。


今後は、19世紀アメリカ初の女性大統領候補となったヴィクトリア・ウッドフルの伝記映画の製作と主演が決定している。