スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > クロッグブーム再び! ルイヴィトンコピーモードが愛する“ほっこり”サンダル。
クロッグブーム再び! ルイヴィトンコピーモードが愛する“ほっこり”サンダル。
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-12-04
クロッグブーム再び! ルイヴィトンコピーモードが愛する“ほっこり”サンダル。


90年代に青春を謳歌した人たちにとっては「サボ」でお馴染みのクロッグが、いま再び、トレンドの最前線に返り咲いている。かつて労働者たちの足元を守った無骨なサンダルは、いかにしてランウェイで花開くに至ったのか。ルイヴィトンスーパーコピーその変遷をたどってみよう。
労働者のための実用シューズ。

クロッグブーム再び! モードが愛する“ほっこり”サンダル。
上質なカーフレザーに、シルバースタッズが程よいエッジを与えているディオール(DIOR)のクロッグ。2018-2019年秋冬コレクションより。

丸いトゥに木製の分厚い靴底の、野暮ったいフォルム──最近、ディオール(DIOR)やグッチ(GUCCI)によってトレンド再燃の兆しを見せているのが、クロッグだ。その由来は、実に18〜19世紀の産業革命まで遡る。今でこそ、ケイト・モス、メアリー・ケイト・オルセン、ダコタ・ジョンソンたちがスタイリッシュに履きこなしているものの、クロッグは本来、農家や工場で働く人たちの足元を守る安全靴として生まれたのだった。

誕生から長い時間を経て、1956年、「Sitting」と題されたシューティングで、フォトグラファー、ミルトン・グリーンが構えるカメラのレンズに向かって、マリリン・モンローは柔らかな笑顔を向けていた。その足元には、黒のクロッグ。このとき、この保温性と実用性に富んだ木靴が、のちにファッションアイテムとしてもてはやされることになろうとは、誰も想像していなかっただろう。そして、ボヘミアンファッションが一世を風靡した70年代、姿勢を正す効果もあるとされるこの靴は、自由を象徴するアイテムとして、あるいは、先進的な思想を持つアーティストたちの愛用シューズとして、ファッションの文脈において独自の地位を確立しはじめたのだった。