スーパーコピーブランド
現在位置: ホーム > バッグの基礎知識&新入荷情報 > アメリカのシャネルスーパーコピー老舗デパート ヘンリ ベンデル、2019年1月に全店閉鎖
アメリカのシャネルスーパーコピー老舗デパート ヘンリ ベンデル、2019年1月に全店閉鎖
ブランドスーパーコピー専門通販店! / 2018-09-27

アメリカのシャネルスーパーコピー老舗デパート ヘンリ ベンデル、2019年1月に全店閉鎖





123年という長い歴史を誇る老舗高級デパートのヘンリ ベンデル(Henri)。NY5番街の旗艦店を含む全23店舗とECサイトを、2019年1月末で閉鎖することを発表した。


1985年にヘンリ ベンデルを買収し、ヴィクトリアズ・シークレットやバス アンド ボディ ワークス(Bath & Body Works)などを展開する米Lブランズ(L Brands)は、閉鎖の理由について「今後も成長の可能性があるブランドに注力していくため」と説明している。
 
米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙によると、創業者でルイジアナ出身の帽子職人であるヘンリ・ベンデルは1895年、NYのグリニッジヴィレッジに1号店をオープンし、洋服や化粧品、シャネルスーパーコピーハンドバッグを販売。ヘンリ ベンデルは、5番街に店を構えた最初の小売店であり、店内でファッションショーを開催した初めてのお店でもあると言われている。他にもVMDを取り入れた先駆者として知られ、アメリカで初めてココ・シャネルの商品を取り扱い、アンディ・ウォーホルをイラストレーターとして起用した、と米『フォーチュン』誌は報じている。Lブランズに買収されてからは、洋服の販売を辞め、ハンドバッグとアクセサリーを中心に取り揃えるように。


全店舗閉鎖のニュースを受け、ツイッターでは多くのファンたちが反応。アイコニックなストライプ柄のショッパーや、ヘンリ ベンデルで購入した思い出のアイテムを語りながら、ノスタルジックな気分に浸っている。


年末年始も新しい商品が並べられる予定だが、1月の閉店を前にクリアランスセールを行うかは定かではない。ECサイトでセールが行われることに期待したい!